35歳転職限界説はホント?

経済ニュースなどをリリースしている東洋経済オンラインにもありましたが、日本の雇用情勢が上向いているというニュースが飛び交っています。

その中に35歳転職限界説についても触れられており、私が実際に感じたこととリンクする部分があったので、まとめてみたいと思います。

 

35歳転職限界説は崩れた

私が転職活動をしていたときの年齢は30歳を迎える少し前というものでした。

従って、特にこの35歳という年齢制限について気に留めることはありませんでしたが、その頃から年齢制限の緩和については意識するところがありました。

これは年齢制限を「求人広告を含めた求人概要に記載出来なくなった」ということも一因なのでしょうが、それ以上に、実際に企業が転職者の年齢よりもスキルやマネジメント経験といった所に主眼をおくようにシフトしてきたということが要因と言えそうです。

 

同期が37歳の男性

後々述べることになりますが、私の転職活動はある時期に終わります。

そして、とある企業に就職することになりますが、その企業での新人研修でとなりに座っていた男性は37歳でした。

同じ職務、グレードでの入社ということがあとで分かり、当時は恥ずかしながら、門戸が広い採用だったのかとネガティブな思考に至ったことを記憶しています(そういうわけではありませんでしたが)。

 

社会人経験が活きる職業が増えた

もともとそういった職業というのは潜在的に存在していたのでしょうが、ここ数年で一気にその需要が加速したように感じます。

たとえば、「転職活動」が広く一般的になってきたことと、20代後半の人材の流動化が進んだことから、転職エージェント自体に需要が増えてきたという背景があります。

この転職エージェントで言うと、やはり新卒で社会人経験のない若者というよりは、ある程度の経験を他社で積んできた経験者という人材のほうにアドバンテージがあるように思います。

もちろん上に述べたことがすべてではありませんし、大前提として、スキルや経験といったものが必要になってきますが、確かに雇用情勢における「マネジメントクラス、コア人材は新卒から育てる」といった概念自体は崩れてきていると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です