逆質問で困らないために用意すること

面接における最終段階で質問されることが多いのが、逆質問という項目です。

前述もしましたが、これを「特にありません」と回答することは避けたほうがいいでしょう。

しかしながら、逆質問というのはその場で考えるとなるとなかなか的を射たものをアウトプットしづらいケースが多く、やはり前もって準備しておくほうがよいと言えます。

 

質問はとにかくシンプルに始める

採用担当者は質問をすることに対しては慣れています。

また多くの場合、質問内容はすでに何度も他の候補者に投げかけられたものであり、その回答を含めてグリップ出来ていると考えられます。

しかし、逆質問となると、どういった質問が飛んでくるのか分からず、内容によっては困惑させてしまうケースもあるでしょう。

これらを避けるために、逆質問において守るべきルールは「シンプルな質問から始める」といった簡単なことです。

たとえば、短期間での売上向上という実績について、その理由を知りたいとすると、その方法論などの詳細からではなく、より抽象的な、どういう工夫などをされたのか、といった質問方法がベターです。

 

よりオープンな質問から

質問の仕方というのは、クローズなもの、そしてオープンなものと大別することが出来ます。

クローズな質問とはより具体的に回答をしてほしいときに使うもので、オープンな質問とはその逆です。

 

たとえば、単純に年齢が知りたい場合はクローズな質問方法、「あなたは何歳ですか?」といったものになります。

クローズな質問は、一見して簡潔に回答が出来るもののように見えますが、その回答が抽象的なものであったり、複雑な概念であったりする場合、質問に完全に合致した回答ではなくなるケースがあり、それは回答者、質問者の双方にとってネガティブな印象を受け付ける結果になります。

 

採用担当者の得意分野をつく

人には得手不得手があります。

私であれば、マーケティングやインターネット界隈のことに明るいですが、財務諸表を読めと言われると、ボリュームにもよりますが、いったいどれくらいの時間を要するのか皆目検討もつきません。

もちろん採用担当者も同じで、その方の得意とする分野(知見のある領域)から外れた質問となると、答えに窮する結果となるでしょう。

 

これを避けるためには、面接の中で知り得た情報を最大限に考慮することがキーになります。

その採用担当者の所属歴や職歴、話し方や好きな学問などがその最たるものです。

そういった情報から、自分が質問したい内容を、「採用担当者が回答しやすい質問」に加工してから投げかけることで、よりストレスの無い質疑応答となると言えます。

細かく分類をしたように見えますが、簡潔にまとめると、シンプルで相手が答えやすい質問を心がけるということに収束します。

また前もって、会社や業務に対しての疑問をいくつかまとめておくことを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です