面接官の「その質問」の真意とは?

人が何かを口にするとき、必ず理由があります。

直接的に理解が出来るもの、たとえば、暑いや寒い、などといったことから、好きや嫌いなどといったことは簡単に状況や状態を掴むことが可能です。

これを少し応用して考えると、面接中における採用担当社の口から出る言葉にも意味があると言えます。

そして、表面的な言葉尻からだけでは意図を把握しかねる質問が存在しています。

しかしながら真意を量りかねる質問こそ「外してはいけない」質問と言えます。

 

そんなにいい会社をなんで辞めるんですか?

転職面接で、在職中(もしくは在籍していた)企業の悪口を言うのはタブーですが、在籍企業のいい面をフィーチャーし、説明をした先に待っていることが多い質問が「そんなにいい会社をなんで辞めるの?」という質問です。

この質問の真意としては、退職理由の明確化と志望度を量るという意味合いがまず挙げられます。

また、回答としてベターなものは、前向きな退職理由です。

おおむねキャリアアップやスキルアップを挙げることが多くなりますが、しっかりと「なぜ」転職先の企業でそれらが実現出来るのかを明らかにしなければマイナスの印象に繋がる可能性があります。

 

会社の中でそれって実現出来ないんですか?

前述した退職理由が完璧であっても、セットで質問されることが多い質問です。

たとえば、「貴社で○○といったスキルをつけるために転職を希望している」という回答に呼応するケースです。

この質問は、その転職希望者が社内で自分の希望実現のために、どれほど調整をしたのか、またそのスキルアップなどに対してのモチベーションがどれほどかを量ることができます。

この一連の質問は転職面接においてはコアな項目になってきますので、必ず客観的に納得出来る理由と経緯を用意しておく必要があります。

 

なにか質問はありますか?

面接の最終局面において、おおむね質問が小康状態になったときに出る質問です。

これは一般的に逆質問などと呼称されますが、結論から言って、「とくにないです」という質問はNGです。

この質問は、転職希望者と募集企業における業務のミスマッチを防ぐという理由もありますが、もう少し踏み込んで理解をすると、その企業と業務に対してどれだけの理解とモチベーションがあるかを量るためにされる質問だと判断出来ます。

このように、面接官の質問というのは意図せずにされたものであっても、最終的に採用可否に結びつく要素となりえると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です