面接でNGになる(なったと考えられる)ワード

私は面接において、かなり入念に準備をしておくタイプです。

また常に転職エージェントを利用して面接に臨んでいたこともあり、採用担当者のクセや質問内容についてもほぼ想定通りという状況でした。

しかし、そこまで前もって段取りを組んでいたとしても、すべてにおいて完璧な回答が出来るとは限りません。

実際に、「このワードでNGになってしまった」というフィードバックを頂いたものから、おそらくこれが原因で不採用になったのだろうと想定出来るものまで、いくつか挙げてみようと思います。

 

残業時間が多すぎて辛かった

これは転職エージェントが求人企業の担当者と蜜月の関係にあり、相当に強いパイプを持っていたケースです。

面接前には採用担当者の方の趣味なども教えて頂き、かなりの自信を持って本番に望んだのですが、この心の緩みというのがネガティブなワードを無意識に出してしまう結果となりました。

 

「残業が多すぎて辛かったですね」

 

と自分で発言をした瞬間にまずいと思いましたが、先方もそれに合わせるように会話を続けて頂けたので、とくにリカバリすることもなく面接を終えましたが、結局は「残業はうちでもそれ相応にある。それを面接で言うこと自体が不適切」という当たり前の回答とともに不採用が通知されました。

 

自分ならもっと出来る

採用されるために意欲をアピールすることは大事です。

しかしながら、自分ならその業務はもっと大きな成果が出せますといった言い方には気をつけなければいけません。

なぜならば、現在もその業務をその会社の誰かがやっているからです。

 

採用担当者がいつも人事部というわけではなく、もしかすると現場担当と非常に密接な関係にある可能性もあります。

さらにそういったやる気というのはときに協調性を欠く人間性に繋がると判断されてしまう可能性もあります。

面接ではこれを言ったらNGというものが明確に規定されていません。

従って、ベースにネガティブなことを回答しないという思考方法を据えておくことがベターでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です