転職成功後にフィットするために面接で「してはいけないこと」

人によっては転職活動が困難なものと感じたり、逆に簡単に進んでいくということもあります。

しかし、簡単に進んでいくという人にも落とし穴があります。

これは私を含めて、何人かの知人が経験したことですので、これから転職活動を行っていく方にはぜひお気を付け頂きたいことでもあります。

 

「その一言」で採用担当者は誤解する

面接において、スキルチェックを要しない場合、多くは口頭でスキルの確認をすることになります。

また、採用担当者は職務経歴から推察し、「これくらいは出来るんじゃないか」という憶測を立てます。

具体的に多い例として挙げられるのは、OAスキルの相違です。

たとえば、エクセルスキルですが、マーケティング担当として業務をしていたということになると、かなりエクセルのスキルがあると推測されます。

ではここで採用担当者が求めるスキルと、実際のスキルは合致するでしょうか。

 

マーケティングと一言に括っても、リサーチの部分を担当していたのか、データ分析を担当していたのか、もしくはアシスタントをつけていたのかといった要素でエクセルの実用レベルが分かれます。

もしも先方は「マクロを組めるくらいのスキルがあるだろう」と考えていたのに、関数利用が出来るレベルであったとすると、即戦力として評価が一気に下がる結果となります。

 

最大評価ではなく、平均評価を

少し乱雑な言葉遣いになったかもしれませんが、わかりやすく言うとこういった言葉が当てはまるように感じます。

面接におけるすべての項目おいて最高点をつけたい気持ちは分かりますが、自身の最大値を想定して回答をしていくと、あたかもそれが平均値のように担当者は感じます。

短期的に会社を渡り歩く計画であればそれでいいかもしれませんが、長く勤務することを想定するのであれば、自分が無理なく「平均的に」発揮出来るパフォーマンスを把握しておく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です