いい転職エージェントと悪い転職エージェント

転職活動をする中で転職エージェントを利用する場合、多くは活動が効率化されると考えられます。

しかしながら、転職エージェントがすべての転職活動を成功に導いてれくるとは限りません。

能動的かつ効率的に転職活動を進めていくために、いいエージェントと悪いエージェントを判断していく必要があります。

案件を精査している

差異はあるかと思いますが、転職エージェントの方は非常に業務量が多い傾向にあります。

従って、転職希望者に案件を紹介する際に、どうしても目に付いた案件を出してしまうことがあるようです。

しかし、いいエージェント(と、私が考えている)であれば、その人に合った案件を精査し、提案してくれるでしょう。

これを判別するために一番いい方法は、自分が求人内容を見て疑問に思う回数が少ないかどうかということと、なぜその求人を出してきたかの理由を明示出来るかどうかです。

 

恣意的に求人を紹介しない

若年の転職活動では、往々に職務経歴が浅く、俗っぽく言うと「戦う武器が少ない」という状態にあります。

たとえば長い期間で培ったマネジメントスキルであるとか、高パフォーマンスを一定期間継続した、もしくは危機的状況から脱するために苦慮し、ブレークスルーした経験などが少ない、または無いといったことです。

こういった場合、転職希望者のポテンシャルに期待するという求人を探す必要がありますが、職歴のベストマッチ求人を探すよりも、はるかに手間のかかる作業になると想定出来ます。

ここで、悪いエージェントは、職歴の浅さとスキルの低さを引き合いに出し、転職希望者ではなく、自身の都合の良い案件を紹介するといったことがあります。

もちろん「いいエージェント」という言葉自体が非常に抽象的なものですし、この定義というのは難しいとは思います。

ですので、まずはたくさんのエージェントと会い、その差異を知ることから始めるのがベターと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です