転職活動の際に「英語力」は必要か?

私が転職活動を始める際、おもにJACリクルートメントの担当者の方にされた質問が「英語はどれくらい出来ますか?」といったものです。

どれくらい、というと抽象的ですので、チェックシートに記載したものを例に挙げると、「日常会話レベル。ビジネス利用経験なし。ライティング・リーディングはビジネスレベル」といったものです。

昨今、転職において必ず重要性が増して来ていると言われている「英語力」ですが、実際にどれくらい必要とされ、それがどれくらい採用に影響与えるのでしょうか。

 

トーイックのスコアは700点から高評価

社内公用語を英語に定めたことが記憶に新しい楽天では、社員に求める定量的な英語力としてトーイック700点取得を義務付けているようです。

実際の転職面接においてもトーイックのスコアが700点を超えたあたりから評価のされ方が変わってきます。

しかし、トーイックのスコアが700点程度の方であれば分かると思いますが、これはけしてビジネスレベルにはなりえません。

ただし、リーディングが不得手であり、スコアが伸び悩んでいるが、スピーキングがネイティブとのやりとりに耐えるといった場合は例外です。

多くのビジネスパーソンが書面での英語力は保有しているが、スピーキングが出来ないといった場合が多いためです。

 

不採用が採用に変わるほどの影響力はない

しかしながら、たとえトーイックのスコアが900点以上であったとしても、多くの採用面接において、「不採用の方が採用になるほどの影響力はない」と言えます。

現在の日系企業において英語力というのは付加的な位置づけの能力になり、実益という点では、即戦力となりえるスキルのほうを優先することになるでしょう。

また、短期的な経営計画の中に英語圏への進出を組み込んでいたとしても、英語力をベースにした採用よりも、それ以外のマネージメントスキルや営業力、調整力、実績といったところを重視し、英語力はあとでつけるか、もしくはコーディネーター(通訳)をつけるといった措置が取られると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です