面接に臨む服装では何に気をつけるべきか

応募書類が通過すると、スケジュールにもよりますが、すぐに面接の日程をリクエストされることになります。

そうなると、考えなければいけないことに服装というものが挙がります。TPOに合ったスーツというのが一般的ですが、具体的にはどういったものが好まれるかは業界などによって差異があります。

 

基本は黒、灰色のスーツ

おそらく全業界においてマイナス要素にならないものが黒と灰色のスーツです。

金融などのかなり堅い業種になると黒スーツに白シャツ、黒のストレートチップのシューズというところまで徹底する必要がありそうです(この分野は応募したことすらないので、私見は割愛します)。

 

私服でお願いしますと言われた場合

転職希望者を困らせるのがこれではないでしょうか。

私も実際にゲーム会社のマーケティング職に応募し、面接となった際に同じような文言をメールの文末に添えて頂いたことで、相当頭を悩ませた記憶があります。

結果として、その後の予定(プライベートなことですが)もあり、デニムにTシャツで面接に臨み、現場担当の方から「次回は役員が出ますので、スーツでお願いします」と釘を刺されました。

それらを勘案すると、私服でいいという場合でも、ビジネスカジュアル程度の着崩しが限度かと思われます。

 

サイズ感が合っている

これは私自身が採用を担当していたときによく見させて頂いていた部分です。

色味などよりも、ジャケットのサイズ、スラックスの長さが完全にフィットしているかどうか、そして手首のシャツとジャケットの袖のバランスなどです。

サイズが体と比較して大きい場合はだらしないイメージが強くつき、自己管理能力の低さからパフォーマンスの発揮を期待出来ないという仮定にまで結びつく可能性があります。またサイズが小さすぎる場合も同様です。

基本的に、営業などでの採用をする場合は外に出したときに客先の担当者に不快に思われないかどうかという点も勘案しますので、サイズ感と清潔感などは新規訪問レベルの緊張感を持って面接に臨みたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です