転職エージェントを使うべきかどうか

さて最後になりましたが、総括として、転職エージェントは使うべきだったかどうかということを私見でまとめてみたいと思います。

結論から言うと、「使うべきだった」と考えています。

それらにはもちろんいくつかの理由がありますので、挙げていきたいとおもいます。

 

情報量が多い

これは転職活動における、あらゆる情報です。

たとえば求人案件ですが、これは確かに求人サイトを閲覧していれば量的な部分は足りるでしょう。

しかし、その内容と自分の希望がマッチするかということを精査するには、転職活動中の人間にはあまりにも労力がかかることです。

それらを効率的に行えたということは非常に大きい利点でした。

 

相談出来る人間がいる

転職活動をしていると気づくのですが、転職をするのは自分であり、それ以外の人間は転職という行動に対する傍観者でしかありません。

もう少しわかりやすく言うと、利害関係を持った人間がいないため、相談をするということだけでも一苦労だということです。

もちろん転職エージェントは友達ではありません。

ただ、彼らは彼らの利益のために自分に最大限の手助けをしてくれる「エージェント」そのものなのです。そう考えると、これほど頼りになる存在は他には見つからないでしょう。

 

交渉事を代理してくれる

以前述べたことですが、交渉事を一手に引き受けてくれるということは、自分の労力を最小にしてくれると言えます。

面接日程から給与交渉、入社日まで。こういったことは自分でやるとなると本当に時間と労力がかかることであり、出来ることであれば丸投げしてしまいたい煩雑な項目なのです。

すべての人に転職エージェントが有用な存在かというとそれは言い切れません。

しかしこの自分が経験した転職活動においては、確実に必要な存在だったと言えます。

転職は孤独でつらい作業が多いですが、ぜひ彼らの力を借り、効率的に、そして自己実現に近づく結果を残すことが出来る方が増えることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です