円満退職に向けてするべきこと

いざ転職先が決まり、入社日がおおむね固まったとなると、退職という作業が発生します(在職中の方のみですが)。

立つ鳥跡を濁さずと言いますが、退職は出来るだけ円満にというのがベターです。

なぜならば、前職の企業の業種や規模にもよりますが、仕事をしている中で、どこかでバッティングしたり、はたまた取引先になったりする可能性があるからです。

 

では、円満退職に向けて、しなければいけないこと、大事なこととはいったいなんでしょうか。

 

なるべく早めに退職意思を伝える

退職をする際、就業規則にある期間(たとえば1ヶ月など)を指定し、一方的に退職することも可能です。

しかしながら、よい関係を保ったまま退職をするのであれば、しっかりといつ頃に退職をしたいという自分の希望と、会社からの希望に折り合いをつけるべきです。

 

引継書類は前もって作成しておく

退職後に問題になることのひとつに、引き継ぎ不十分というものがあります。

たとえば取引先との契約状況などで、文書化されていない項目などがある場合や、ある作業における処理方法や依頼先などです。

こういったことは退職後に浮かび上がってきたとしても、原則退職者には解決依頼を出来ないため、現場が困り果てるといったケースも散見されます。確実に引き継ぎ書類はまとめておきましょう。

 

出来れば転職先を伝えておく

これは意見が別れるところだと思います。

ただ、私の場合は退職者を見送る場合も、自分が退職する際にも転職先を告げ、連絡がつく番号を併記した挨拶メールを全社一斉に送信していました。

それによって、こちらから何かをお願いするときにも都合がいいですし、同時に、退職を応援してやろうという気持ちになる人がある程度出てくるものです。

円満退職というと少しハードルが高いことのように思えますが、実際にはとにかく「迷惑をかけないようにして、自分の退職理由が見えるようにしておく」だけでも十分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です